logo.giftop page of Cinqshop!

プロジェクトμ EURO ECO

ブレーキダストと鳴きの抑制を両立したストリートモデルのブレーキパットです。

  • IMG_0284.JPG輸入車のブレーキパットって停止する寸前に『キィーーーーーーー』と鳴いたり、ホイールを1ヶ月も洗わないでいると、『あれホイールの色ってシルバーだったよな?黒じゃなかったぞ?』って思った事有りませんか?
  • 今までもお客さんから、ホイールが汚れて困る!鳴きが出る!って言われてどっかに自信を持ってお客様にお勧め出来るパットは無いかと探したんですが中々お勧め出来るノンダスト&鳴き止めパットが有りませんでした。
  • ブレーキって個人的には車の中で一番大事なパーツ類だと思っています。故障してエンジンが掛からなくても普通は命に関わって来る事って殆ど有りませんが、ブレーキの場合は減速出来なかったら何かにぶつかって車は壊れ自分は怪我する可能性も!運が悪いと下手すれば人を轢いてしまう事も考えられますからね。だからブレーキ関係は信頼のおける物しか勧められないんですよね。
  • そんな時に某有名レーサーに紹介されたのがプロジェクトμさんのユーロエコでした。プロジェクトμというと日本車のイメージだったんですが輸入車にも力を入れ始めていると言う事で実は結構多彩なラインナップを取り揃えていらっしゃいます。でもルノー車の設定が無く初めは売れそうな車種から始めて徐々にラインナップを取り揃えて行く事になりました。そうなると日本全国色々なところからリクエストが出ていたカングーで作成を始める事にし出来上がって来たのが写真のパットです。ユーロエコの特徴としてはブレーキを掛けた際に発生するガスをパットの真ん中にあるスリットで効率良く排出させて安定した制動力を維持させます。

━━━どうしてブレーキが鳴かないの?

  • パッドに角があると、制動時不快な音が発生してしまいます。それを防ぐために、角を削ぎ取り(端部チャンファーカット)不快なブレーキ鳴きを極力抑制しています。

━━━どうしてホイールが汚れにくいの?

  • ブレーキパッドの摩擦材に含まれた物質が高温によって燃えた時にガスが発生し、パッドとローターとの隙間でブレーキの効きを妨げます。これをフェード現象と言います。ブレーキパッドのセンターに配置されたスリットが、ガスとパッドカスを効率良く排出させ、安定した制動力を維持します。

━━━値段について

  • 今回取付けしたプロジェクトμの低ダストパット(ユーロエコ)の値段は15.750円。純正品は9.544円。純正同品質の社外品は8.589円となりますが、純正品と社外品に比べ1.5倍位高くなりますけどあの汚れと『キィーーーーーーー』という不快な鳴きから解放されるなら決して高い価格じゃないと思います。是非ブレーキパット交換の際にはご検討下さい。

リアドラムブレーキって....。

リアのブレーキが凄い事になってた〜。

IMG_0907.jpgドラムブレーキの中身!写真にあるブレーキライニング(ディスクで言うところのブレーキパット)と書いてある部分の部分をホイールシリンダーで外側に押し出しブレーキをかけるブレーキのシステムです。
カングーの場合すでにオイル漏れを起しておりライニングにオイルが付着してしまっているので両方交換する事になってしまいました。ホイールシリンダーに付着しているのはライニングのカスとオイルが混じり合った物で見た瞬間に素人自分でも『こりゃ駄目だ!』って駄目だし出来ちゃう位でした。こうなる前に1年毎の点検をちゃんとしてあげれば防ぐ事が可能なので1年に一度は点検しましょうね!ホイールシリンダーとライニングもお買い得な社外品が出ていますので交換の際はご相談下さいね。

煤だらけから綺麗になるまで

上段左写真:煤が降り積もった様な状態のホイールシリンダーです。しかし汚いですよね。
上段中写真:ライニングとホイールシリンダーを外した写真。しかし汚いですね〜。見た目もブレーキ効きそうにないですよね。
上段右写真:ホイールシリンダー単体の写真です。両側の隙間が開いている部分からオイルが漏れ出してライニングまで駄目にしてしまうんです。
下段左写真:ライニング・ホイールシリンダーを交換した写真です。同じ部品と思えないですよね。
下段右写真:ライニング・ホイールシリンダー交換後の拡大写真!お風呂入って綺麗さっぱり!その上パックまでしてお肌ツルツルって感じです。

ブレーキライニングとホイールシリンダーの純正品との比較プライスは下記になります。
ブレーキライニング純正品:15.750円   ブレーキライニング社外品:14.175円
ホイールシリンダー純正品:7.014円    ホイールシリンダ社外品:6.310円